CT検査CT

CT検査

コンセプト

コンセプト

ワンちゃんネコちゃんの検査には一般的にレントゲンや超音波検査が使用されていますが、ピジョン動物愛護病院ではより高度な検査や治療を可能とするため64列マルチスライスCTを導入しております。どうぶつ予防健診クリニックは、ピジョン動物愛護病院グループにおけるCT撮影の窓口をさせていただいております。また、健康診断のためにCTスキャンを利用することも可能ですので、当院スタッフまでお問い合わせください。

診療体制について

  • 完全予約制
  • 月曜~土曜日
  • 9時~15時まで

CTの紹介

64列マルチスライスCT装置

CTの紹介

CT検査では、X線を照射しコンピュータで画像を作成することで、ワンちゃんネコちゃんの身体を360度くまなく確認できます。
当院のCT装置は精度の高い64列マルチスライスCTであり、5秒もかからず胸部の撮影を行うことが可能です。撮影した画像の読影は当院スタッフだけでなく、見逃しがないよう画像診断専門医からのアドバイスを受けることが可能です。

CT検査のメリット

CT検査のメリット

CTスキャンはレントゲンや超音波検査では見えなかったものを明確にし、病気の診断、病状の把握、治療計画において非常に有用なツールとなります。例えば、腫瘍の切除手術において事前にどこまで腫瘍が広がっているのか、血管を巻き込んでいるのかを把握できていれば、麻酔時間を減らし、予想されるリスクに備えることができます。また全身麻酔下となってしまいますが、健康診断のためにCTスキャンを利用することもできます。超音波検査で隅々までみることが難しい大型犬には特におすすめです。

検査の流れ・注意点

CT検査は画像に歪みが生じないように体の動きを止めて撮影を行います。そのため多くの場合、ワンちゃんネコちゃんでは全身麻酔が必要となります。そのため、CT撮影の前に麻酔をかけるにあたっての麻酔前検査(血液検査など)をします。また、より多くの情報を得るために血管を強調する造影剤を使用することがほとんどです。状況によっては麻酔なしでCT撮影をする場合もございますので、お気軽にご相談ください。

FLOW01

予約

病気での撮影は担当医を介してCT撮影のご予約をいただきます。健康診断での撮影はどうぶつ予防健診クリニックでお電話にてご予約いただけます。

FLOW02

麻酔前検査

麻酔をかけるにあたって問題がないか、血液検査やレントゲン検査を行います。

FLOW03

検査当日のお預かり

前日の21時までに食事を済ませ、当日朝7時以降はお水もあげずに来院してください。午前9時半から10時にピジョン動物愛護病院川口院3Fに来院してください。検査のためにお預かりさせていただきます。

FLOW04

検査

お預かり後、点滴の針を設置し準備ができたらCT室へ。CT室では麻酔をかけ、撮影を行います。撮影が終わりましたら速やかに麻酔から覚まします。

FLOW05

お迎え

14時以降にお迎えに来ていただきます。麻酔がしっかり目覚めるように点滴をして、お迎えがいらっしゃるのを待ちます。お迎え時に結果をお話ししますが、画像診断専門医の所見が当日得られない場合は、後日追加で結果を報告させていただきます。この結果をもとに病気の子は担当医と今度の治療方針などを相談します。