皮膚・スキンケアSKINCARE

皮膚・スキンケア

ダーモカメラ・マルチ皮膚測定器・インフォームシートによる"理解"と
治療法・スキンケアを納得したうえでの"実践"を心がけています

「痒い」という事は動物にとって、とてもストレスになります。痒みを取るとワンちゃんネコちゃんの表情が変わります。また、皮膚病がきっかけに内臓疾患が見つかることもあります。時に皮膚は言葉が話せないワンちゃんネコちゃんの代わりにIndicator(表現者)の役割を担います。
埼玉県川口市の、病気予防・健診に特化したピジョン動物愛護病院「どうぶつ予防健診クリニック」では、皮膚・スキンケアのご相談も承っております。

コンセプト・方針

コンセプト・方針

当クリニックでは、健康的な皮膚を守るためのスキンケアに力を入れております。常に、飼い主さまにとってわかりやすい丁寧な診療を心がけ、飲み薬や外用剤の使い方は診察室でしっかりと説明させていただきます。シャンプーや保湿剤は、香りやつけ心地など直接触れてご実感していただき、ワンちゃんネコちゃんに合うものをお選びいただきます。
皮膚の状態は、接写が可能なダーモカメラを用いて肉眼的に確認し、マルチ皮膚測定器で皮膚の健康状態を評価します。角質の水分保持量などを測り、スキンケアの指標にしています。また、スキンケアのプロフェッショナルであるトリマーと協力して、院内での処置や自宅での管理を提案させていただきます。

診療体制について

  • 毎週金曜日9:00~16:00(祝日は閉院)
  • 担当獣医師:田口 範人(第一金曜日は田島 瑛)

診療内容について

診療内容について

  • 丁寧な問診(初診の方は、予約の際に問診票をご記入いただけましたら幸いです)
  • 皮膚科検査(皮膚表面の感染や細胞、毛穴の中の寄生虫、毛の構造)
  • 皮膚科特殊検査(ダーモカメラ・マルチ皮膚測定器)
  • インフォームシートを用いた病態の説明
  • 治療法の選択(内服の説明・外用薬・スキンケアの実施など)
  • フォローアップ

診療内容について

また当クリニックでは、予防医学の観点から「スキンケア」に力を入れた診察を行っています。予防健診センターと協力し、アトピー因子を持った子たちが、アトピーの発症を少しでも抑えるために発症前からのスキンケアをおすすめしております。

受診の目安

  • 肌のトラブルがある
  • アトピーがある
  • アトピーを予防したい
  • 食物アレルギーがあり他のおやつも食べさせたい
  • 肌が乾燥している
  • 肌がベタつく
  • 臭いがきになる
  • 外耳炎がある
  • トリミングも一緒にしたい
  • スキンケアをしたい
  • おうちでのケアが分からない

気をつけたいアトピー性皮膚炎

気をつけたいアトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎の一種である「アトピー性皮膚炎」は、環境中のアレルゲン(ハウスダスト、花粉、カビなど)に対し、体内の免疫機構が過剰に反応することによって生じるものです。遺伝子が関わるため若いうちから発症し、生涯に渡って治療と付き合う必要があります。
身体を舐めたり噛んだりする行動が増えることで皮膚が傷ついてただれ、脱毛、肥厚などの症状がでてきます。
かゆみのコントロールを主とするお薬やサプリメントの服用、そしてシャンプーや保湿などのスキンケアを併用した治療が有効です。

設備

CASIO ダーモカメラ

皮膚の表面の感染や乾燥、色素の分布を検出したり、できものやしこりなどを拡大して診ることができるカメラです。

CASIO ダーモカメラCASIO ダーモカメラCASIO ダーモカメラ

マルチ皮膚測定器 MPA

角質水分量、経表皮水分蒸散量の測定が可能な測定器です。バリア機能をはじめとする、皮膚の状態を確認することが可能です。また、皮膚炎に関する症状の測定やスキンケアの有効性の評価が行えます。

マルチ皮膚測定器 MPAマルチ皮膚測定器 MPA

クライオプローブ

-89℃の液化亜鉛化窒素ガスを、皮膚の不要な腫瘍に直接噴霧して凍結させ、不要な組織を破壊する凍結手術装置です。無麻酔で取り除くことが可能です。

クライオプローブクライオプローブクライオプローブ

セラビーム ウッド灯

皮膚糸状菌(M. canis)の検出を迅速に行える装置です。また、全身のふけの状態も見る事ができます。365nmの長波長の紫外線を、病変部の皮膚に照射させます。

セラビーム ウッド灯セラビーム ウッド灯セラビーム ウッド灯